得する情報

冬に多い結露でお悩みのかたへ

住宅でお悩みの【結露】について調べてみました。

結露の原因は、主に換気不足が原因決して欠陥住宅であるということではなく、住む人の生活の仕方に関係があります。 料理の煮炊きによる水蒸気、加湿器、人の体温熱(人数)など様々です。

一番大切なのは、「換気」です。時々窓を開けるとか、台所やお風呂の換気扇を出来るだけ回すなどして、室内の空気を動かすことが大切です。 これだけで結露は起こりにくくなります。

とは言え、寒い日や就寝中は億劫ですよね。

まず試していただきたいのは、一晩中お風呂やトイレの換気扇を回しつづけるという方法です。 換気扇を回すだけで、機密性の高い住宅は結構空気が動きます。 その際吸気口がなければ意味がありませんが、高気密の住宅はほとんどついているはずです。 一番安上がりで、今日からでも出来ると思います。

炭も自然素材ですから、臭いだけでなく、湿気を吸ったり吐き出したりしてくれます。 部屋中に炭を置くのも良いし、無垢の床材の下に木炭を敷き詰める方法もあります。

それより、一番していただきたいのは、結露の発生する箇所の再点検です。 本当にサッシ部分だけなのか、それとも天井も壁もなのか注意深く観察してください。 結露は、ガラス窓など断熱性が低いところや空気が動かないところに起こりやすいです。

次の事を実施してみてください

(1)1日中、トイレとお風呂の換気扇を回しっぱなしにする。

結露の原因のひとつは、換気不足にあります。室内には、多くの水蒸気の発生源がありますので、室内の湿気を常時外へ排気する工夫が必要です。

(2)ストーブを替える。

お宅のストーブは、ガスか石油を使用した開放型の暖房機ではありませんか?開放型というのは、室内の空気を燃やして、その排ガスも室内に吐き出すタイプの暖房機を言います。 開放型の暖房機は、排ガスに多量の水蒸気を含んでいるため、炊けば炊くほど室内が湿気ぽくなります。

電気なら、基本的にどのタイプの器具も排ガスは発生しません。 温水ヒーターなどの輻射式の暖房機は、空気を暖めるのではなく、穏やかな輻射熱による暖房で、快適性も高いはずです。

結露を作る原因究明
  • 料理をした時、蒸発する水分…約1.5リットル(朝食460cc、昼食159cc、夕食946cc)
  • お湯を沸かした時の水蒸気…約1.8リットル(1時間沸騰させた場合)
  • 洗濯機を回すだけでも湿度は上昇。約0.5リットル(4人家族)
  • 室内に干された洗濯物など、約1.5リットル(4人家族)

●何気ない行為が部屋の湿度を上げていた!


 [人間から放出される水分]

さらに、驚くべき原因、それは人間。呼吸や発汗などで、絶えず人間から放出される水分は、室温25度の部屋に1時間じっとしているだけで、57ccにものぼる。

家族4人が居間で普通に過ごすだけで、およそ2リットルもの水分が、空気中に放出される。

室温25度で人間が出す水蒸気の量
  • 静座(全く動かない状態)…57cc
  • 軽動作(立ったり座ったりする)…162cc
  • 中動作(炊事・洗濯などの家事)…252cc
  • 重動作(室内エクササイズ)…324cc

家にカビをもたらす湿気の対策には、何と言っても換気が一番。

気密性の高い実験用の部屋で、換気実験をしてみた。煙を充満させた室内で、換気扇を回してみる。窓を閉めた状態では殆ど煙は動かないが、少しだけ開けてみると、不思議!たちまち、煙が換気扇に吸い寄せられ始めた。ところが、窓を全開にしてみると、再び、煙の動きは鈍くなる。一体、なぜ?

[誘引現象]

実はこれ、誘引現象と呼ばれるもの。入り口が狭い方が、勢いよく空気が入って来る。つまり換気の際、窓は換気扇から遠い所を15センチほど開けるのがベスト。

換気扇がない場合は、15センチ開ける窓とは別に、空気の出口として全開にした窓を用意する。

さらに、換気をする時間帯は、今の時期なら外の湿度が低い、昼の12時~16時位が、最も効果的といえる。春や夏は、日照時間が長いため12時~16時までが外気の湿度が低い時間だが、秋や冬は日照時間が短いため12時~14時までが外気の湿度が低い、つまり、換気に最適な時間帯。

窓を15センチ開けて換気扇をまわすだけで、湿気対策になりますのでお試し下さい。